トップページ > プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは

アメージングローズ・プリザーブドフラワーブーケ専門店

プリザーブとは、“保存する”という意味です。

 

生花にプリザーブド加工という特殊な加工を施し、生花のみずみずしさや風合いを長期間保つことのできるお花です。使用される着色料、薬品はメーカーにより違いがありますが、オーガニックなものや、人体や環境に影響のない材料を使っていると言われています。

 

プリザーブドフラワーは、もともとヨーロッパから広まりました。1991年にフランスのベルモント社がローズのプリザーブドフラワーを発表しました。

パリやロンドンのフラワーアーティストに取り上げられ、瞬く間にヨーロッパ各地に広まりました。フランスやイギリス、アメリカでは、ディスプレイ、贈り物としても定着しているようです。

 

バラだけではなく、カーネーション、ラン、アジサイなどの花、またグリーンも種類が増えています。

プリザーブドフラワーの特徴

  • 水をあげる必要がなく、手間がかかりません。
  • 色のバリエーションが豊富で、生花には存在しない青いバラもあります。
  • 保管状況にもよりますが、数ヶ月〜数年にわたって(ヨーロッパでは3年以上)美しさを保つと言われています。
  • 保存できるという特徴から、都合に合わせて準備ができ、自分でブーケを手作りしたい花嫁様にぴったりです。
  • 生花より軽量なので遠方からのお客様、ご両親への贈呈花にもお持ち帰りやすく、インテリアとしても長く楽しめます。

プリザーブドフラワーの管理・注意点

  • 水を掛けないでください。また湿気に弱く、湿気が多い場所に置くと花びらが透けたようになりますのでご注意ください。
  • エアコンなど、直接風があたらないようご注意下さい。乾燥しすぎると、花びらがひび割れることがあります。
  • 直射日光・ほこりは痛み、色あせの原因となりますので、お気をつけください。
  • 布などに長時間接したままにしておくと、色移りすることがあります。特に湿度の高いとき、また濃い色のお花はご注意ください。

トラブル対処法

▼花びらが透けたようになった
湿気が多すぎたために、起こったものです。急激に乾燥させると、花びらがひび割れることがあります。箱などに除湿材と一緒にいれ、ゆっくり乾燥させてください。
▼ほこりをかぶってしまった
手で払うと、花びらを痛めてしまいます。弱い風(たとえばドライヤーの冷風)で、そっと飛ばしてください。
▼色移りしてしまった
洋服などの場合、早めにクリーニングに出してください。

プリザーブドフラワーの種類

プリザーブドフラワーには世界的に有名な3大メーカーがあります。加工方法に違いがあり、メーカーにより特徴があります。

 

■フロールエバー(コロンビアローズ)
花の生産・加工すべてが、コロンビアで行われており、色が不揃いにならないように白いバラだけを使って加工されています。、発色の鮮やかさが特徴で、淡い色が豊富です。主に使用される高級な花です。
■ヴェルモント
オールドローズと言われることもあります。ケニア産のバラを使用し、加工の特徴から湿気に強く、色落ちしにくい傾向があります。がくを切って花首を補強し、花びらが外れにくい工夫もしてあります。花びらの感触は、他のものよりもやや硬く感じます。湿度に強くシックな色合いが特徴です。
■ヴェルディッシモ
エクアドル産のローズを使用しています。3社の中で、もっともソフトな風合いです。色のバリエーションは現在16色、パステルカラーが豊富です。湿度に少し弱いです。当店では主にミニサイズしか使用していません。

≪その他≫

  • アモローサ・・・最高級のプリザーブドフラワーで花びらは厚くしっかりしていて大輪なのが特徴です。ほかのメーカーのものと違って小さいサイズの花がありません。こちらの花をご使用の際は3割増しになっています。
  • 大地農園・・・日本のメーカーです。日本人の好む淡い繊細な花が季節によって登場します。欠品が多いので手に入らないことも多いです。

その他、中国産など多くのプリザーブドフラワーがありますが、当店では個人的に厳選したメーカーの花しか使用しておりません。B級品の花なども使用していません。

サイズの表記について

アメージングローズ・プリザーブドフラワーブーケ専門店

このページの先頭へ




コンテンツはここまで